生活の教えて!知りたい!に役立つ知恵袋サイト

教えて!知恵袋

焼き肉のホルモンを飲み込むタイミング!どれくらい噛めばいい?

投稿日:

炭火焼肉ホルモン

仕事帰りに上司から、「ホルモンで一杯どう?!」なんて誘われることも多い。

その昔流行った「オヤジギャル」を気取ってついていけば…

いや、香ばしい焼き肉ホルモンの味に冷えたビールの組み合わせは、この上ない「最高の幸せ」なんですけどね。

毎回思うのは、ホルモンの「飲み込むタイミング」がわからず、どれくらい噛めばいいのかわからないこと。

ホルモンとはいっても、広義のタンやレバー、ハツやハラミなら、正味のカルビやロースの焼き肉と同じ、いや、その独特な味わいから、それ以上に美味しいと思えることもあります。

問題は、シマチョウ・マルチョウに代表される白モツ系の部位ですよね。

ホルモンは、どれくらい噛めば飲み込めるのでしょう?。

今回は、焼肉ホルモンを飲み込むタイミング、具体的には「ホルモンはどれくらい噛めばいい」かにスポットを当てつつ、ホルモンの美味しい焼き方についてまで探ってみたいと思います。

スポンサーリンク

焼き肉のホルモンを飲み込むタイミングは?

焼き肉のホルモン、とくにシマチョウ・マルチョウと呼ばれるような白モツ系の部位を飲み込むタイミングは、たしかに食べ慣れていない人だと難しいのかもしれません。

けれど、ホルモン好きのみなさんは、「とくに意識することなく」それぞれのタイミングで飲み込んでいる様子です。

 

4~5回噛んだら飲み込む!?

シマチョウなど白モツ系のホルモンは、ハッキリ言って「噛み切る」ことは無理です。

噛み切ろうと考えると、飲み込むタイミングを失います。

ホルモンは、はじめから噛み切ることなどは考えず、噛んだときに出る香ばしい肉汁を味わいつつ、4~5回噛んだら飲み込むのがオススメです。

ときに歯がないお年寄りでも、ホルモン焼が好きという方もいらっしゃいます(笑)。

噛み切るというより、独特な食感と肉汁を味わうという感じ。

4~5回噛んでまだ味が残るタイミングで「ゴクンっ」と飲み込み、後味をビールで流し込むって感じがいいみたいです!。

 

70回噛むと飲み込むタイミングが現れる?!

ホルモンを飲み込むタイミングは、「4~5回噛んだら」という説が有力ではあるものの、逆に「70回噛むと飲み込むタイミングが現れる」という説も。

たしかに、焼き肉ホルモンを飲み込むタイミングがわからない方々からは、

・えいッと勢いつけて飲み込む感じ
・味がなくなるまで噛み続ける
・限りなく噛んでいる

という意見が聞かれます。

しかし、そんなホルモンも、およそ一口70回噛みつづけると、少しづつでも、しっかりと減っていって、おのずと飲み込むタイミングが現れるというのです。

もしや、もうチョッと長く噛んでいたら、これまでも飲み込むタイミングが現れていたのかもしれませんね(苦笑)。

 

あらかじめハサミでカットしておく!

高級な焼き肉店のホルモンは、飲み込みやすいように、あらかじめ切れ目が入っていていることがあります。

それにならって、あらかじめ飲み込みやすいサイズに小さくカットしておくという方法もあります。

焼き肉店では、カルビなどをカットするためのハサミがありますから、どうしてもホルモンを飲み込むタイミングが掴めないという方は、お試しあれ。

スポンサーリンク

 

焼き肉ホルモンの食べ頃の見極め方!

焼き肉ホルモンで難しいのは、飲み込むタイミングだけでなく、食べ頃を見極めるタイミングも然りです。

そもそも、プルプルしているホルモンは、どれくらい焼いたらいいのかわかりずらい。

焼き方によっては固くなってしまい、ゴムのような食感は、なおさら「飲み込むタイミング」を逸してしまいかねません。

ホルモンは、どれくらい焼けばいいのでしょう?。

ホルモンって、けっこうバラバラの大きさにカットされているので、食べ頃を見極める基準は、時間ではなく1個1個の「見た目」重視

ホルモンを焼いて、白やピンクだった身の色が焼き色がついて、濃い色に変わったタイミング。

身の収縮が終わり、弾力が出はじめたら食べ頃。

 

焼き肉ホルモンの美味しい焼き方!

ホルモンは皮側から焼く

焼き肉ホルモンには、食べ頃だけでなく、ホルモンならではの美味しい焼き方があります。

焼き肉でホルモンを美味しく焼くポイントは、必ず「皮側」をまずしっかり焼くことです!。

なぜなら、ホルモンの美味しさはその「脂」であり、まず皮側から焼いてあげることで、せっかくの脂が網の下へ落ちることが少なく全体に火を通すことができるのです。

皮側から焼き、身の収縮が終わり、弾力と焼き色がついたタイミングで裏返したら、脂の部分はサッと炙る程度でOKです。

用意したタレに絡めらた、一気に口へ運びましょう!。

焼き方のコツなどについては、以前の記事 >焼き肉ホルモンの美味しい焼き方!< でも詳しく紹介しています。

スポンサーリンク

 

まとめ

香ばしい焼き肉ホルモンの味とキンキンに冷えたビールの組み合わせは、この上ない「最高の幸せ」ではあるのですが、正直わたしも「飲み込むタイミング」「どれくらい噛めばいい」が掴めずに、チョッと苦手意識がありました。

ホルモンを飲み込むタイミングに、「何回噛むといい」という正解はありません。それこそ「コツ」なんですよね。

ホルモンは噛み切ることは考えず、噛んだときに出る香ばしい肉汁を味わい、4~5回噛んでまだ味が残るタイミングで「ゴクンっ」と飲み込み、後味をビールで流し込む。

個人的には、このスタイルがおすすめですが、今回の記事を参考に、色々試していく中で「ベストなタイミング」が見つけられるはずですよ。

なにせ、歯がないお年寄りでも、ホルモン焼が好きという方もいらっしゃるのですから。

ホルモンはコラーゲンも豊富でお肌にいいし、何より安いお店なら十分「せんべろ」楽しめますしね(笑)。

あらら、やっぱりオヤジギャルだわ(苦笑)。

スポンサーリンク

-
-, , , , , , ,

Copyright© 教えて!知恵袋 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.