生活の教えて!知りたい!に役立つ知恵袋サイト

教えて!知恵袋

言い伝え 季節の行事

お月見の季節!いつからいつまで?お月見の由来や楽しみ方は?

更新日:

今年の夏は、ホント酷暑でしたね。

でも、少し暑さが和らいでくると、ホッとして秋の到来を感じます。
そして、心は「秋ならではの楽しい行事」へと向いていきます。

私は、いくつか、秋に行われる楽しみな行事があるのですが、その一つに「お月見」があります。

「秋はお月見の季節」ということですが、子どもの頃は「お月見」そっちのけで、月見だんごに目が行っていたのを思い出します。
食い気丸出し?ですよね(苦笑)。

でも、大人になるにつれて(齢をとるにつれて?)、秋の「お月見」にノスタルジックな感覚を持つようになってきたのです。

そこで今回は、秋の行事である「お月見」をみなおしたいと思い、その「由来」や、「いつからいつまで」楽しめるのか、その「楽しみ方」に焦点を絞ってまとめてみました。

スポンサーリンク

 

お月見の季節はいつからいつまで?

お月見といえば、秋に行われる風雅な行事です。

これには、「十五夜」「十三夜」「十日夜(とうかんや)」があり、これらが暦の中で点在していてることから、期間が長いのです。

十五夜はいつからいつまで?

十五夜は「中秋の名月」と呼ばれ、このお月見は全国的に実施されている行事と言えるでしょう。

満月は、月に満ち欠けの周期を考えると、年に12~13回ありますが、「お月見」としての行事は、旧暦の8月実施されます。
それを、私たちは「十五夜」と呼びます。

これは「旧暦の8月15日」をさしていて、新暦では、月遅れの9月15日あたりを思われる方も少なくないと思いますが、実は「月の満ち欠け」を基準にした旧暦と、太陽の動きを基準にした新暦にはズレがあるため、実際には毎年9月中旬から10月上旬までの間に「十五夜の満月」があることになります。

 

十三夜はいつからいつまで?

二つ目の「十三夜」は、旧暦9月13日のお月見のことをいいます。
十三夜も十五夜と同様、その年によって日付が変わりますので、現在の10月17日前後の頃になります。

 

十日夜(とうかんや)はいつからいつまで?

三つ目の「十日夜」ですが、こちらは、旧暦10月10日に行われる「収穫祭」で、特に東日本を中心に行われています。
そのため、「お月見」でない日もあるようなんです。

十日夜は、新暦の11月10日あたりをさします。

「収穫祭」がメインなため、お月見は二の次となる地域が多いようですが、地域によっては、「満月」に合わせると事もあるようです。

 

お月見の季節は意外と長い?

このように見てくると、「お月見」の期間は、新暦の「9月から11月まで」と3カ月にわたります。
もっとも、月に一度ですので、大変な行事ではないと思います。

ところで、十五夜のお月見をして、十三夜のお月見をしない、または、その逆を「片見月」と呼び、縁起が悪いといわれます。

ですから、少なくとも「9月から10月まで」は、しっかり?お月見されるとよいのではないでしょうか?。
ラッキーなことがあるかもしれませんよ!

ちなみに、2019年のお月見のできる3つの日は、

・十五夜(中秋の名月):9月13日
・十三夜:10月11日
・十日夜:11月6日

です。

 

お月見の由来は?

月見(つきみ)とは、満月を眺めて楽しむことです。

観月(かんげつ)とも言います。

お月見の由来は、中国の「中秋節」から来ていて、月に感謝し、農作物の豊作を祈願し、月を愛する習慣からきています。

昔、中国の皇帝は、8月15日に豊作を祈って、音楽を奏で、月に祈りを捧げる儀式を行っていました。
この行事がやがて中国の人々に伝わり、そして、日本にも伝わったのです。

日本では、平安時代にお月見の行事が伝わりました。

平安時代の貴族たちは、「月を直接見ないで、川の水にうつった満月を見て愛でる」など、一風変わった?風雅なやり方で楽しんだようです。
これが、江戸時代になると「収穫祭」として広く親しまれるようになりました。

スポンサーリンク

 

お月見の楽しみ方は?

それでは、「お月見」の楽しみ方にはどのようなものがあるのでしょうか。

現代の住宅構造を考えると、ゆとりがないように見えますが、そんなことはありません。

お月見を楽しむためには3つのステップがあります。

 

お月見の楽しみ方その1:月見台を選ぶ

「月見台」を決めましょう。
月見台とは、お月見をする場所のことです。

家の中で、月がみられる所がいいですね。例えば、

・窓や出窓があれば、窓辺にテーブルを置きます。
・庭でお月見をしたいら、庭にテーブルをセッティングします。
・縁側があれば、縁側にテーブルを出します。

 

お月見の楽しみ方その2:月見台に御供え物を飾る

月見台が決まったら、お供えものを飾ります。

 

お供え物その1:月見だんご

お月見のお供え物としては、月見だんごがあります。
月と同じ形の丸いだんごをお供えし、それを食べることで、健康と幸せが得られると言われています。

十五夜では、十五にちなんで一寸五分(約4.5センチ)の大きさのおだんごを15個お供えします。
また、1年の満月の数と同じで12個や、15を簡略して5個にするところがあるようです。

 

お供え物その2:収穫した野菜やくだもの

また、収穫した野菜やくだものを御供えにします。

たとえば、十五夜の別名は「芋名月」ともいいますので、里芋やさつまいもなどをお供えします。
もちろん、旬の野菜やくだものなどもいいですね。

 

お供え物その3:ススキなどの植物

ススキは、作物や子孫の繁栄を見守ってくださる月の神様の「依り代」と考えられています。
本来は稲穂をお供えするのですが、収穫期にあたるため、ススキが選ばれたようです。

また、ススキの他に、秋の七草(萩や桔梗、撫子など)の野の花を飾ってもステキですね。

 

お月見の楽しみ方その3:お供えものは食べていいの?

お供えものを食べるのは、もちろんOKです

むしろ、食べることが求められるようです。
これは、お月さまが食べてくれたとの考え方からきています。

 

お供えものは「盗み食い」がおすすめ?

お月さまが食べたことになるなら…

せっかくですから、ちょっと盗み食いをしてみませんか?

昔から、お月見の御供えものは、特に、子供たちは「盗んで良い」とされていました。
もちろん、大人のみなさんも遠慮なくチャレンジ?してみましょう(笑)。

 

まけ

中国ではお月見(中秋節)に、月餅を食べる習慣があります。
月餅の丸い形が「家族の輪」「家族の団らん」を意味するからだそうです。

みなさんのご家庭のお月見にも、趣向を変えて「月餅」をお供え・・・なんていかがでしょうか?

 

まとめ

いかがですか。

今まで、なにげなくやってきたおなじみの「お月見」でも、昔の人々の思いがつまっているのですね。

私たちの生活に潤いを与えてくれるこのような伝統的行事は、いつまでも楽しみたいですね。

スポンサーリンク

-言い伝え, 季節の行事
-, , , , , , , ,

Copyright© 教えて!知恵袋 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.