Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

生活の教えて!知りたい!に役立つ知恵袋サイト

教えて!知恵袋

暮らし 雑学

彼岸花には毒がある!何があぶない?どこがあぶない?食べていた時代も!

投稿日:

私の家の近くに「彼岸花ロード」と呼ばれる街道があります。
8月の終わりの頃から9月にかけて、それは素晴らしい彼岸花の群生がみられます。

しかし、この彼岸花…毒があるんですよね。
独特の花に似合うというか、似合わないというか。

でも、この事実を、近所の方に話していたら、意外と知られていなかったんです。

そこで、今回は彼岸花の毒について、「何があぶない?どこがあぶない?」という事でまとめてみました。

スポンサーリンク

美しい彼岸花には毒がある?

彼岸花は、ユリ科の多年草で、「リコリス」とか「曼珠沙華(マンジュシャゲ)」などと呼ばれています。
しかし、この花には毒があるんです。
そして、この毒は、煮たり、焼いたり、炒めたり?と、熱を加えても変わりません。

 

何があぶない?

では、彼岸花が持っている毒性とはどのようなものがあるのでしょうか?

彼岸花は、学名をリコリス(Lycoris)と言います。
彼岸花の有毒成分は、この学名からとられた?アルカロイドの一種である「リコリン」が主となります。

その他、同じアルカロイド系の、ガランタミン、セキサニン、ホモリコリン等が含まれています。

 

彼岸花の毒「リコリン」の特徴は?

では、このリコリンの致死量ですが、

ヒトに対する致死量は10gと、アルカロイドの中では比較的毒性は強いほうではありません。

彼岸花の中に含まれる、リコリンの濃度は、

・生の鱗茎(りんけい)中には 0.5 mg/g
・生葉中には 0.3 mg/g
・ひとつの球根には15mg

です。

これをヒトの致死量と比較すると、ヒトの致死量は10gですので、よほど一度に大量に摂取しない限りは死亡するような危険はありません。

※しかし、ネズミなどでは、球根ひとつで1500匹分の致死量になります。

 

摂取してしまった場合の症状は?

では、もし、誤って摂取してしまったらどういう症状がでるのでしょうか。

もし間違って食べてしまっても、多くの場合、中毒症状を起こすのはまれです。
しかし、中毒症状を起こしてしまった場合、(例えば、大人が球根1個以下を摂食した場合)、消化器系症状を生じる場合があります。

その症状は、

・吐き気
・下痢
・ひどい場合には中枢神経の麻痺

を起こす場合があり、あぶないですね。
そして、死に至ることもあるんです。

 

彼岸花のどこがあぶないの?

彼岸花の毒は、結論から言うと、「茎、花、葉等の全部」に毒がありあぶないです。
これを「全草有毒(ぜんそうゆうどく)」言います。
この言葉は、「植物のすべての部分に毒性物質が含まれている」ことを意味します。

彼岸花の毒には、特に鱗茎(りんけい・球根)に多く含まれ、鱗茎のなかでも特にその外側の鱗片部に多いです。

ちなみに、彼岸花は、花が終わった秋から春先にかけては、葉だけになります。
この葉の形が、食用のノビルやアサツキに似ているためあぶないのですが、誤食することもあり、中毒症状になってしまうケースもあるんですね。

※参考:鱗茎とは?

うろこ状の欠片が重なりあって球状になった根のことです(球根)。
彼岸花は、地上部の葉や茎が枯れてもこの鱗茎が土の下に残ります。
そのため、何年も同じ場所で花を咲かせます。

スポンサーリンク

 

彼岸花の花や茎を触っただけでは危険はありません!

彼岸花の毒は、経口摂取(口から食べる)することで影響がでますので、ただ触るだけでは問題はありません。
しかし小さなお子さんや犬は、葉や茎をかじったり、折って遊んだりするかもしれませんね。

ですから、お子さんや犬がいるご家庭のお母さん方に特にお願いしたいことは、

・彼岸花の実物をしっかり見せて、「毒があること」「触ってはいけないこと」を教えて、あぶないことを教える。
・犬の散歩のときは、彼岸花のある所には近づけない。

ことです。

お子さんや犬は、行動が予測できませんので、注意を怠らないようにしましょう。

 

おまけ(食べていた時代も!)

ところで、鱗茎は、一番あぶない部分なのですが、デンプンに富んでおり、有毒成分のリコリンは水溶性なため、長時間水にひたすと、無害にすることが可能です。
そのため、、第二次世界大戦中などでは、食用とされたこともあるようです。

素人では、あぶなくてできませんが…。

また、鱗茎は、石蒜(せきさん)という生薬になり、利尿や去痰作用があります。

そして、彼岸花に含まれる毒の成分の一つである「ガランタミン」はアルツハイマー病の治療薬として利用されています。

これは、意外でした!。
「あぶない毒も薬」なんですね。

 

まとめ

いかがですか。

彼岸花は、ネズミ・モグラ・虫など、田を荒らす動物がその鱗茎の毒を嫌って避けるために、作物を守るために植えられたとも聞きます。

特にモグラは、餌のミミズが彼岸花を嫌って少ないことから、彼岸花の近くには寄り付きません。
ミミズも「彼岸花があぶない」ことがわかっているんですね。

ということは、昔の人は彼岸花には毒性があるり、「あぶない」ことを知っていたのでしょう。

ともあれ、これから秋にかけては、彼岸花の人気は上昇します。
「美しい花にはトゲがある」という言葉がありますが、「彼岸花には毒があると考えながら鑑賞するのも一興かもしれませんね。

スポンサーリンク

-暮らし, 雑学
-, , , ,

Copyright© 教えて!知恵袋 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.