生活の教えて!知りたい!に役立つ知恵袋サイト

教えて!知恵袋

暮らし 季節の行事

年賀状!2022年賀はがきの発売日・投函はいつから?値段は上がる?

更新日:

寅年

10月ともなれば、街はハロウィンを前にオレンジ色に染まり、ネット通販では「おせち料理」の早期予約がはじまる時期でもあります。

ハロウィン、クリスマスと年末感が高まる一方、忘れちゃならないのが「年賀状」ではありませんか?。

「まだ早いでしょ!?」

な~んて思っているうちに、年賀状が元旦に配達される投函日に間に合わなかった…なんてことにも。

2022年賀はがきのお年玉抽選の1等は、昨年に引き続き「現金30万円(電子マネーなら31万円分)」が用意されています。

近年は、LINEなどSNSの普及で年賀状を送る方が減少しているとはいえ、コロナ禍の自粛で帰省も躊躇されたり、親戚の集まりも控えるなか、年賀状を送る人は逆に多くなるかもしれませんね。

2020年賀はがきは前年の10月に消費税が10%に増税されたことで「63円」へ値上がりしましたが、2022年賀はがきも値段に変化はないのでしょうか?。

ということで、今回のテーマは「2022年の年賀はがき」

・2022年賀はがきの発売日はいつ?
・値段は上がる?
・年賀状として投函できるのはいつから?
・2022年「お年玉付き年賀はがき」抽選の賞品は?

など、年賀状の準備で気になる点をあれこれ探っていきましょう!。

スポンサーリンク

2022年賀はがきの発売日はいつ?!

毎年のことながら、年賀はがきの発売日はいつからなのか、投函日はいつからなのか、なかなか覚えてられませんね。

年賀はがきを扱う日本郵便(JP)では、郵便局の窓口に加え、Webサイト「郵便年賀.JP」でも、年賀はがきの通販や先行予約を受付られています。

年賀はがきの発売日は、毎年11月1日~が基本です。

2022年賀はがきの発売日も、2021年11月1日(月)から。通常の無地の年賀はがきの他、

・お手軽年賀はがき(デザイン28種類)
・ディズニー年賀
・ディズニーカラー年賀
・絵入り〔寄付金付)全国版
・絵入り〔寄付金付)地方版

すべてお年玉付き年賀はがきとして発売されます。

※どの年賀状も2021年1月10日(日)までの販売となります。

 

2022年賀はがきのネット予約はいつから?

日本郵便(JP)のWebサイト「郵便年賀.JP」では、年賀はがきの先行予約も受付られています。

ネット予約の受付は、2021年10月25日(月)~開始されています。

注文期間は、2021年10月25日(月)から2021年12月24日(金)まで。

なお、ネット予約しておいた年賀はがきがお手元に届くのは、10月31日(日)までに注文すれば11月1日(月)以降、順次届くとされています。

毎年人気の高い「キャラクター年賀はがき」は、時期を逃すと「売れ切れ」ということもありえます。

2022年のディズニー年賀は、くまのプーさんと寅年らしくティガーが描かれたデザイン。売れ切れが心配な方は、必要枚数を先行予約しておくと安心かもしれません。

 

郵便年賀.JPで予約・購入するメリットは?

➀スマホで簡単
➁24時間いつでも予約・購入が可能
➂10枚から購入可能
④5000円以上で送料無料
⑤お届け先も自由に設定
⑥配達は土曜日や夜間(~21時)指定可能

年賀状を準備するにあたって、年賀はがきを10枚からネットで購入できるのはありがたいと思いませんか。

仕事していれば、郵便局の窓口が開いている「平日の日中」に年賀はがきを購入しにいくなんて無理ですものね。

ちなみに、年賀はがきの先行予約は、郵便局の窓口でも受付しています。

インターネットはどうも苦手…という方や、実物を見て決めたいという方は、お近くの郵便局を訪ねてみるといいかもしれませんね。

スポンサーリンク

 

2022年賀はがきは値段が上がる?

2018年賀はがきは、通常はがきが52円から62円に値上がりしても、52円に据え置かれましたよね。

2019年賀はがきからは通常はがき同様の62円へと変わり、さらに、2019年10月1日から消費税が10%へ増税されたことで、2020年賀はがきの値段は63円へと値上がりしました。

2022年賀はがきの値段は、昨年同様「63円」。寄付金付き年賀はがきも、同様にプラス5円の「68円」です。

 

お得な広告付き年賀はがき

注目なのが1枚あたり58円(税込)と、通常の年賀はがきより5円安い「広告付き年賀はがき」

年賀はがきの表面の下部に企業広告が付いているので、その分安いという仕組みになっていて、地域によって広告の種類やデザインが異なります。

年賀はがきに広告が付くだけでお得になるのは、合理的な仕組みだと思います。

ちなみに、広告付き年賀はがきはコンビニやネット購入ができません。全国の郵便局窓口のみでの販売となっています。

 

年賀状としてポストに投函できるのはいつから?

年賀状は、いつ届いて欲しいですか?。

もちろん「元旦」ですよね。

全国各地の友人・知人へ「元旦」に年賀状が届くようにするには、毎年のことながら「12月25日」までにポストへ投函する必要があります。

おそらく私も含めて多くの方は、この「いつまで」が気になる点だと思います。

一方の「いつから」について、こちらも毎年「12月15日」からポストへ投函となっています。

年賀状の投函は、早ければいいわけではないんですね(苦笑)。

また、日本郵便ってスゴイな~って思うのが、「元旦」に年賀状が届くようにするには、「12月25日」までにと言っておきながらも、12月28日までに投函された年賀状なら、可能な限り元旦に届けられるように努めているということ。

とはいえ、その努力に甘えることなく、できる限り「12月25日」までにポストへ投函するようにしましょう(苦笑)。

スポンサーリンク

 

2021年「お年玉付き年賀はがき」抽選の賞品は?

年賀状といえば、送ることも然ることながら「お年玉付き年賀はがき」の抽選を楽しみにされている方も多いのではないでしょうか。

毎年、当選したら嬉しい賞品が並びますよね!。

 

1等は現金30万円!

2022年賀はがきのお年玉抽選の1等は、2019年賀から3年続いて現金30万円!。(100万枚に1枚)

さらに「選べる電子マネーギフト(EJOICA:イージョイカ)」を選択すると、31万円分になるのだとか。

日頃、キャッシュレス決済を利用されている方は便利な上に、1万円分も多く貰えるのですからかなりお得です。

さらに2022年賀では、「2021年発行特殊切手集&現金 20 万円」も加わり、計3種類から選べるようになっています。

2021年お年玉付き年賀はがきの商品

1等(下6桁):現金30万円
電子マネーギフト31万円
2021年発行特殊切手集&
現金20万円
2等(下4桁):ふるさと小包
3等(下2桁):お年玉切手シート

 

3等のお年玉切手シートは?

3等のお年玉切手シートは、100枚中3枚当選するとのことですが、以前の「のり式タイプ」から現在は「シール式タイプ」へ変更になっています。

2022 年の干支にちなんだ 2 匹の虎が、手紙を携えたオリジナルのデザインで、63円切手と84円切手のセット。

 

お年玉付き年賀はがきの抽選日

2019年は、「平成」最後や「新元号」を迎えるといった特別な年だったこともあり、お年玉付き年賀はがきの抽選は「1月20日」と郵政記念日の「4月20日」の2回行われました。

2022年の抽選会は、1月16日(日)の1回です。

 

まとめ

今回は、これから年末にかけて忘れちてならない「年賀状」を準備するにあたり、

・2021年賀はがきの発売日はいつ?
・値段は上がる?
・年賀状として投函できるのはいつから?
・2022年「お年玉付き年賀はがき」抽選の賞品は?

などを中心に探ってきました。

年賀状を毎年ぎりぎりに準備されていらっしゃる方も、年賀はがきは11月1日(月)から発売されます。
さらに、日本郵便のWebサイト「郵便年賀.JP」や郵便局では、10月25日(月)からネット予約も受け付けられています。

年賀状としてポストへ投函できるのは、毎年12月15日から。
また、元旦に届くようにするには12月25日までに投函する必要があります。

どうぞ、年賀状は年末になってバタバタしないよう、余裕をもって早め早めにご準備を。

スポンサーリンク

-暮らし, 季節の行事
-, , , , , , ,

Copyright© 教えて!知恵袋 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.