Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

生活の教えて!知りたい!に役立つ知恵袋サイト

教えて!知恵袋

クルマ

スタッドレスタイヤ!交換時期はいつ頃?!そのまま履き続けたらどうなる?

更新日:

冬になると、「スタッドレスタイヤを履く」というドライバーが多いですよね。特に毎日マイカー通勤されている方や、ウインタースポーツを楽しまれている方々。

でも暖かくなってきた春、スタッドレスタイヤは「いつ頃」夏タイヤへ交換したらいいのでしょう?

「もう雪が降ることはないだろうな…」

多くの方は、そんな感じで交換されているとは思いますが、中にはそのまま冬まで履き続けてしまわれている方もいるのだとか。

今年は稀に見る大雪の年でしたし、東京で桜の開花宣言があった直後に雪が降ったりして、スタッドレスタイヤから夏タイヤへの交換時期も難しかいモノになりました。

タイヤは車の3大要素、「走る」「止まる」「曲がる」に直結する大事なモノ。暖かくなった季節でも、スタッドレスタイヤをそのまま履き続けたらどうなるのか?も気になります。

・スタッドレスタイヤから夏タイヤへの交換時期はいつ頃?
・スタッドレスタイヤをそのまま履き続けたらどうなる?
・スタッドレスタイヤの寿命は?
・スタッドレスタイヤの保管方法は?

今回は安全面・コスパも含めて、この4点を中心に見ていきましょう!。

スポンサーリンク

スタッドレスタイヤから夏タイヤへの交換時期はいつ頃?

冬の間、雪が積もった道、凍結した道でも安心してドライブするために活躍してくれたスタッドッレスタイヤ。夏タイヤへ戻す交換時期はいつ頃でしょう?。

その年の気象状況や地域によっての違いはありますが、だいたい3月末~4月初旬頃ではないでしょうか。

 

スタッドレスタイヤは3月はまだ必要!?

もちろん、スキーやスノボなどウィンタースポーツを楽しまれる方なら、3月はまだまだシーズンなのでスタッドレスタイヤが必須ですが、3月は「三寒四温」といわれるように急に寒い日があって、雪が降ったりすることがあります。

2018年の3月は、都内で桜の開花宣言があった後に雪が降ることがありましたからね。

だいぶ暖かい日が多くなったなぁ~と思っても、スタッドレスから夏タイヤへの交換するのに、3月はまだチョッと早い

 

スタッドレスタイヤから夏タイヤへの交換時期は?

「もう雪は降らないだろう…」と思える、3月末~4月初旬がタイヤの交換時期の目安です。
タイヤの交換作業も、慣れてしまえば1時間も掛からずに4本交換できますしね。

たしかに、そう難しくない作業のタイヤ交換なのですが、いざやろうとするとけっこう億劫なモノで、来週・また来週と伸び伸びになってしまうことも…。

ガソリンスタンドやカー用品の量販店で会員登録していると、タイヤ交換時期に「タイヤ交換キャンペーン」なるお知らせが入ったりします。軽自動車だと「4本セットで1,000円」などで交換できることがあります。コスパ的には、けっこういい感じなので利用するのも1つです。

自分でやるにしても、ガソリンスタンドやカー用品店で頼むにしても、タイヤの交換は面倒臭いかもしれませんが、スタッドレスタイヤを夏まで履き続けるのは「やめた方がいい」です。

スタッドレスタイヤから夏タイヤへ交換せずにそのまま履いているとどうなるのか?、スタッドレスタイヤを夏も履き続けるのは「やめた方がいい」、その理由について詳しく見ていきましょう。

 

スタッドレスタイヤをそのまま履き続けたらどうなる?!

スタッドレスタイヤを夏も履き続けることは、

・事故につながるリスクが高まる
・コスパが悪くなる(節約ではなく逆にお金が掛かる)

ことに繋がり、何もいいことはありません!。夏もスタッドレスタイヤを履き続ける方の中には、

「今シーズンで寿命だから、このまま履き潰そうかと…」

などと考えていらっしゃる方もいるようですが、ますます事故につながるリスクがは高まるのでやめるのが懸命。
なぜなら、

スタッドレスタイヤは夏タイヤより、やわらかい質のゴムで作られていて、溝が多いのが特徴。
やわらかいゴムで作られたスタッドレスタイヤは、雪が降るような寒い季節の気温で丁度いい硬さになることと、考え尽くされた溝によってその性能が発揮されるモノ。

夏にスタッドレスタイヤを履き続けると、元々やわらかなゴムが夏の気温、路面の温度でさらにややわらかくなることから、

・ブレーキの効きが悪くなる
・急ハンドルで横すべりする
・雨で濡れた道路では止りづらい
・摩擦抵抗が高く燃費が悪くなる
・タイヤの減りが早く寿命が短くなる
・走行音が大きくなる(うるさい)

など安全性能が低下することで、事故を繋がるリスクが大きくなるばかりでなく、燃費が悪くなったりタイヤの買換えスパンが早まるなどコスパをも悪くしてしまうのです。

 

最近のスタッドレスタイヤは?!

最近のスタッドレスタイヤは、年々その性能も進化していて、乾いた路面、高温の夏でも「違和感なく」走れてしまえるからでしょう?、交換時期を過ぎてもそのまま履き続けているケースをよく見かけます。(正直、私もそれに近いモノがありますが…)

でも、先にも紹介したように、スタッドレスタイヤは雪道・凍結した道を得意としたタイヤであって、実は雨・濡れた道は苦手としていることは認識しておくべきです。それは、最近のスタッドレスタイヤでも同じ。
夏タイヤに切られた溝は、雨や濡れた道なども考慮したモノ。スタッドレスタイヤの溝とは、まったく別物なんです。

冬には冬の気候にあった「スタッドレスタイヤ」。春・夏・秋の3シーズンは「夏タイヤ」に交換することが、安全で楽しいドライブにつながるのです。

 

スタッドレスタイヤの寿命は?!

これまで、スタッドレスタイヤから夏タイヤへ交換する時期の目安や、交換しないで履き続けることでのデメリットなどを紹介してきましたが、ここでスタッドレスタイヤの寿命についても考えてみましょう。

 

スタッドレスタイヤの寿命の目安は?

一般的にスタッドレスタイヤの寿命の目安は、「3シーズン」とされています。毎シーズンちゃんと「3月末~4月初旬」が目安とされる交換時期に夏タイヤへ交換した場合の寿命です。

その理由は、4シーズンを超えてくるとタイヤのゴムが硬くなって、スタッドレスタイヤ本来の性能が発揮されなくなってしまうから。タイヤの見た目ではわからない寿命がココにあるんです。

また、

・タイヤの溝が新品の時の「50%以下」まで減ったら寿命
・走行距離が「3万km~5万km」を超えたら寿命

という点も、スタッドレスタイヤの寿命の目安される考え方です。

 

寿命を4年とするスタッドレスタイヤもある

特別特定のメーカーに肩入れする考えはないので「メーカー」や「ブランド名」は伏せますが、タイヤのゴムに「発泡ゴム」を使うことで、その性能低下の度合いを小さなモノへとして、寿命を4年まで延ばしたスタッドレスタイヤもあります。

スタッドレスタイヤの性能は、年々積み重ねられるように進化していますが、その性能・寿命をより長持ちさせるのは、履かない時期の「保管方法」も影響するといわれます。最後に、スタッドレスタイヤの保管方法について見てみましょう。

スポンサーリンク

 

スタッドレスタイヤの保管方法は?

夏タイヤへ交換したあとのスタッドレスタイヤを翌シーズン、さらに3~4シーズンしっかり性能を発揮してもらえるよう、「保管方法」について見ていきましょう。

・タイヤの保管場所
・タイヤの空気圧
・タイヤの置き方

ここでは、ポイントをこの3点に、それぞれ詳しく見ていきたいと思います。
冬の間の、「夏タイヤの保管方法」にも繋がる内容です。

 

タイヤの保管場所は?

タイヤに使われているゴムは、紫外線やオゾン、油類によって劣化が進みます。まずは、これらの要因をさけて保管することが場所選びのポイント。

直射日光が当たらず、雨など水が掛からないよう大きめのビニール袋で覆って保管します。油類や暖房器具からの熱の影響しない場所となれば、おのずと「ガレージ内」や家の裏庭など限定されてきますね。

 

タイヤの空気圧は?

交換したあとのスタッドレスタイヤは、空気圧を半分程度まで緩めておくのがポイント。

「適正」とされる空気圧のままでは、タイヤのゴムに緊張を与えている状態で常に「ストレス」が加わっています。

エアバルブを覗くと中にピンのようなモノがあるので、ドライバーのような先端の細いモノで押すことで、簡単にエアを抜くことが出来ます。

 

タイヤの置き方は?

よくタイヤを縦置きにしているケースを見掛けますが、横置きで「積む」感じの置き方の方がベターでしょう。

なぜなら、タイヤを縦置きで長期間保管すると、タイヤ自体の重さに加え「ホイールの重さ」も加わり、地面に接するタイヤの部分が変形してしまう恐れがあるからです。
カー用品店やガソリンスタンドなどでも、基本タイヤは「横置き」で積まれていますよね。

 

まとめ

今回は、「スタッドレスタイヤ!交換時期はいつ頃?!そのまま履き続けたらどうなる?」をタイトルに、

・スタッドレスタイヤから夏タイヤへの交換時期はいつ頃?
・スタッドレスタイヤをそのまま履き続けたらどうなる?
・スタッドレスタイヤの寿命は?
・スタッドレスタイヤの保管方法は?

について見てきました。

スタッドレスタイヤは、冬の特に雪道や凍結している道で性能が発揮されるタイヤですから、当然それらの心配がない時期になれば夏タイヤへ交換するのがベスト。
逆にいつまでもスタッドレスタイヤを履き続けることは、安全面やコスパ的にもデメリットが多いことがわかりました。

毎年4~5ヶ月間しか履かないスタッドレスタイヤを3シーズンで交換するのは、正直、経済的にはけっこうキツイですよね。

近年は、アジア諸国を中心とした「輸入激安タイヤ」なるタイヤの人気が高まっています。たしかに「安い!」

軽自動車なら、4本セットで1万円前後で新品に交換することも可能ですし、実際わたしも激安輸入タイヤを利用していますが、その性能は「心配する」ほど悪いモノではないですよ(笑)。

それより、寿命の目安とされる「3シーズン」毎に交換される方が、安心で楽しいドライブへと繋がるのではないでしょうか。

スポンサーリンク

-クルマ
-, ,

Copyright© 教えて!知恵袋 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.