生活の教えて!知りたい!に役立つ知恵袋サイト

教えて!知恵袋

レジャー 娯楽 雑学

高速道路の渋滞中に尿意!オシッコを我慢する方法とは?

更新日:

夏休みやゴールデンウィーク!。

旅行や帰省など、目的地へ向かうドライブは、家族やパートナーと時間を共有する楽しい時間!。

けれど、その雰囲気を一変させてしまうのが「渋滞」であり、さらに高速道路での渋滞中に、「オシッコが…」と尿意に襲われたりしたら最悪!(笑)。

いや、笑っていられませんて、ホントに…。

自分ではなく、家族、パートナーであっても他人事とは思えない問題。

次のサービスエリアまでは、まだまだ遠い…。
なんとかこの渋滞の中、オシッコを我慢する方法はないものか?!。

たとえサービスエリアまで我慢できても、女性トイレ特有の「トイレ渋滞」が待ち受けているかもしれない…。

今回のテーマはズバリ!、「高速道路の渋滞中に尿意!オシッコを我慢する方法とは?」でいきましょう。

渋滞中でもできる

・オシッコを我慢する方法
・尿意を抑える「ツボ」
・突然の尿意を予防する方法

これらを中心に探っていきたいと思います。

スポンサーリンク

 

渋滞中の尿意!オシッコを我慢する方法!?

渋滞中の急な尿意!。出掛ける前に、ちゃんとトイレに行ったのに…。
とはいっても、オシッコはカラダの生理現象なのだから「どうしようもない」。

このピンチを切り抜けられる「オシッコを我慢する方法」とは?!

 

肛門をギューッと締めたり緩めたり!?

急な尿意を我慢するには、肛門(お尻の穴)、女性なら肛門と膣をギューッと締めたり緩めたりすることが一番効果的な方法なのだとか。

これは、尿モレを予防・改善する「骨盤低体操」と同じ原理で、「会陰排尿筋抑制反射(えいんはいにょうきんよくせいはんしゃ)」が働くことで、膀胱の異常収縮が抑えられるとされています。

この方法で、大人の男性なら「1リットル」くらいのオシッコが我慢できることもあるというのだから、ウマく嵌れば「助かる…」。

 

前かがみの姿勢を避ける!?

オシッコを我慢しようと前かがみになることは、逆に腹圧が膀胱に掛かりやすくなってしまい、尿意が強くなってしまうことに繋がるので避けた方がいい。
シートにカラダを預けるように、カラダを起こすことを意識したい。

 

足をクロスする!?

トイレ渋滞に並んでオシッコを我慢する際に、効果的なポーズが「足をクロス」すること。
股間を締め上げ、頭の中ではさらに「尿道」を締め上げているイメージでしょう。

渋滞の列が動いたら、「歩いて・歩いて・クロスっ!」でひたすら凌ぐしかない!

 

別のことに意識を向ける!?

音楽を聴いたりして、オシッコ(尿意)とは別のことに意識を向けるのも、かなり効果がある様子。
ならば、車内を思い切り「カラオケ大会」にしてしまうもいいかも(笑)。

 

尿意を抑える必殺技「ツボ」押し!?

渋滞中に「オシッコを我慢する方法」について調べていると、尿意を抑える「ツボ」なるものをいくつか見つけました!。
先の「オシッコを我慢する方法」に加えることで、「ツボ押し」は尿意を抑える必殺技になってれるかもしれない…。

 

人差し指の爪!

人差し指の爪を、爪が白くなるくらい「ギュッ」と押すことで、尿意が抑えられるというもの。
両手の人差し指を、交互に押すといいとされています。

 

下唇とあごの中心!

下唇とあごのちょうど中心あたりにある「くぼみ」が、尿意を抑える「ツボ」なのだとか。
人差し指を曲げて固い第二関節を使い、ギュッ・ギュッと短い間隔で押すといい。

 

おヘソの真下!

おヘソの真下を、指で押さえるだけ。これなら誰にも気づかれない。

 

頻尿のツボ「三陰交」

頻尿に効くとされる、「三陰交」というツボがあります。
渋滞中の急な尿意にも、ぜひ試す価値あり。

足の内側のくるぶしから、指4本分上に上がったところ。
骨のすぐ脇の少し凹んでいて、内へギュッと押すと痛いところがポイントです。

スポンサーリンク

 

突然の尿意を予防する方法?!

オシッコを我慢する方法も、尿意を抑えるツボ押しも、渋滞中の突然の尿意を「何とか」抑える手段でしかありません。
できれば、「そうならない」ように予防するのが一番に違いありません。

 

トイレが近くなりやすい飲み物は避ける!

尿の元となるのは、口にする飲み物や食べ物による水分なことは、誰もが承知のこと。
とはいえ、熱中症のリスクなどを考えれば、飲み物を摂らないわけにもいきません。

渋滞が心配されるドライブ前やドライブ中は、トイレが近くなりやすい飲み物は避けておきましょう。

・カフェインを含むお茶やコーヒー
・アルコールを含むビールやお酒全般
・オレンジなどの柑橘系のジュース
・炭酸ジュース

アルコール類を飲むことで「トイレが近くなる」のは、飲み会がいい例。いつもより席を立つ人が多くなりますものね。どちらも尿意を促す成分となっているので注意です。

子供たちが好きな「オレンジジュース」なども、要注意です。

アルコール類や大好きな飲み物は、安心できる旅先で楽しみましょう!。

 

足元を冷やさない!

カラダが冷えることも、トイレが近くなりやすくなります。秋冬シーズンだけでなく、夏の冷房も要注意!。
とくに女性は「足元を冷やさない」ように、ひざ掛け1枚用意しておくといいですね。

 

SA・PAでは必ずトイレに行っておく!

高速道路では、休憩のためにSA(サービスエリア)・PA(パーキングエリア)に寄ったなら、「その時」の尿意の有無に関わらず、「とりあえず」「少しでも」でいいので、必ずトイレに行きましょう。

子供に「オシッコは?」と聞いても、たいてい「大丈夫っ!」っていうものですが、必ずトイレに行かせましょう。

PAはだいたい15km間隔に一つ、SAは50km間隔に一つを目安に設置することになっています。

引用:「ドラぷら E-NEXCOドライブプラザ」

この先いつ渋滞が発生するかわかりませんし、事故渋滞があるかもしれません。

ノロノロでも動いていればまだいいですが、ピタッと動かないような渋滞でオシッコを15㎞も我慢するのは絶対厳しい…(苦笑)。

夏休みやゴールデンウィークでは「サンデードライバー」も多く、想定外の事故渋滞の発生も多くなります。
高速道路では、SA・PAなどトイレに行ける機会は必ず行くようにしましょう。

「さっき行ったトイレ」が、無駄にで終わることはけしてありませんから。

 

高速道路の渋滞中の尿意!もしもの時の準備も必要?!

高速道路での渋滞は、「歩いた方が早い」くらい場合も珍しくありません。次のSA・PAや、一般道へ逃げる出口まで、オシッコを我慢しきれればいいですが…。

もしもの時、最悪の場合を考えて、「携帯トイレ」を車に準備・常備しておくのがベストです。

使い方も簡単ですし、オシッコをゼリー状に固めてくれるので、よく聞く「ペットボトル」などにするイメージとは全く違います(苦笑)。
お値段も、3個1セットで500円ほどのモノです。

男性用・女性用、それぞれ1セットづつ車に常備しておくだけで、「最悪は…」と保険がある安心感は、

オシッコを我慢できる「時間」を伸ばしてくれるかもしれませんね(笑)。

 

まとめ

夏休みやゴールデンウィーク!。
旅行や帰省など、楽しいはずのドライブが渋滞に巻き込まれ、さらに高速道路での渋滞中に「オシッコが…」と急な尿意をもよおしたら最悪!(笑)。

といことで、「高速道路の渋滞中に尿意!オシッコを我慢する方法とは?」をテーマに、

・オシッコを我慢する方法
・尿意を抑える「ツボ」
・突然の尿意を予防する方法

さらに最悪の場合を考えて

・携帯トイレの準備も必要

などを見てきました。

まずは、肛門をギューっと締めたり緩めたりして「会陰排尿筋抑制反射」を働かせることでしょうか。
なんだか紹介していて恥ずかしい…ですが、オシッコを我慢できる方法としては、これが1番みたいです(苦笑)。

さらに、その効果のぜひ試したい「ツボ押し」も。

とはいえ、オシッコを我慢するのも、なかなか「根性論」ではいきません。

折角の楽しいドライブでを台無しにしないためにも、

・ドライブ前の飲み物は「トイレが近くなりやすい」ものを避ける
・SAやPAなどでは「その時」の尿意に関わらず、行ける時には行っておく

という予防の意識が大切なようですね。

最後に…。

最悪の場合は、恥ずかしがってもいられません。「携帯トイレ」を使うことも「保険」として考え準備しておくべきと思います。
あくまで「最悪の場合」ですけどね(苦笑)。

スポンサーリンク

-レジャー 娯楽, 雑学
-, , , , ,

Copyright© 教えて!知恵袋 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.