生活の教えて!知りたい!に役立つ知恵袋サイト

教えて!知恵袋

暮らし 雑学 ファッション

白いスニーカーの黄ばみにお酢!?黄ばみを防ぐ洗い方と落とし方!

投稿日:

白いスニーカー

白いスニーカーは「お洒落で格好いい」のだけれど、黄ばみが目立ってくるのが悩みですよね。

折角の白いスニーカーの魅力も、黄ばみが目立つようになると台無しですものね。

だからこそ、黄ばみを防ぐために小まめ洗っているのに黄ばんでしまう…。ソールの部分の黄ばみも然りです。

白いスニーカーの、「黄ばみの原因」は一体何なのでしょうか?。

原因がわかれば「黄ばみを防ぐ洗い方」や、さらには「黄ばみを落とす方法」も見えてきそうです。

スポンサーリンク

 

白いスニーカーの黄ばみの原因!

白いスニーカーの黄ばみの原因は、主にこの3つ。

・洗濯用洗剤のすすぎ残し
・生地の日焼けや劣化
・接着剤が染み出してくる

なるほど、生地が日焼けや劣化で黄ばむのはなんとなくわかる気がします。

気になるのは、洗剤のすすぎ残しが原因となる理由ですね。

 

洗剤のすすぎ残しが黄ばみの原因だった?!

白いスニーカーは「白が命!」とばかりに一生懸命洗っているのに、干して乾いたスニーカーを見ると黄ばみが…。

「洗ったときはまっ白だったのに…」

洗っても洗っても、黄ばんでしまう…。

スニーカーを白く保ちたいと願い、一生懸命に洗う人ならではの「あるある」かもしれませんね。

じつはこの、白いスニーカーの黄ばみの原因の1番は、洗ったあとのスニーカーが乾くときに、アルカリ性の物質が紫外線と反応することで黄色く変色してしまう性質によるものなんです。

スニーカーなど靴を洗うときは、洗濯用洗剤やスニーカー専用の固形洗剤、重曹などが用いられますが、それらほとんどの洗剤の成分には黄ばみの原因となるアルカリ性の物質が含まれています。

洗剤を使って洗ったあとは、兎に角よくすすいでスニーカーにアルカリ性の物質を残さないようにしたいのですが、衣類と違ってギュッと絞れないこともあって、正直なかなか難しいんです。

気になる「黄ばみを防ぐ洗い方」は、のちほど詳しく紹介しますね。

 

劣化や日焼けが黄ばみの原因!

コンバースのスニーカーなど綿素材のスニーカーだとなおさら、日焼けなど生地の劣化で黄ばみがでるのはご想像とおり。

Tシャツやタオルだって、長年使えば新品のときと比べて段々と黄ばんできますものね。

洗濯物を畳んでいると、その差がよくわかります(苦笑)。

問題は、「太陽に当てたこともない」、いやいや「箱からも出していない」新しい白いスニーカーのソールに黄ばみが出てしまうことではありませんか?。

この現代、スニーカー履くものではなく売るモノという「スニーカー投資」が話題になるほどですから、新品の白いスニーカーのソールに黄ばみがでてしまっては大問題ですものね。

 

新品・箱に入れたままでも黄ばむ!?スニーカーの暗所黄変現象とは?

新品の白いスニーカーを大事に箱に入れたまま、大切に保管していたのにソールと呼ばれるゴムの部分が黄ばんでしまうのは「暗所黄変(あんしょおうへん)」と呼ばれる現象のシワザです。

暗所黄変とは、スニーカーのソールにあたる素材のゴムに添加された「酸化防止剤」の影響で黄ばむ現象

酸化防止剤による黄変は「暗所黄変」とも呼ばれ、一般的には酸化防止剤が周辺アルカリ雰囲気で変性したフェノール黄変と理解されている。 このタイプの黄変は「酸性の雰囲気に置く」「紫外線を当てる」ことで元の色に戻る。

引用:Wikipedia|Retr0bright

これを予防するには、箱に入れっ放しにせずに時折「風通しのいい日陰」にだし、ほどよく紫外線に当てることも必要。

「スニーカー投資」をお考えなら意識するべき情報ではありますが、残念ながら黄ばみの進行を完全には止められないそうです。

スポンサーリンク

 

白いスニーカーの黄ばみを防ぐ洗い方!

スニーカーの洗い方

スニーカーを洗ったときの洗剤に含まれる「アルカリ性の物質」が紫外線で変色することが、白いスニーカーの黄ばみの原因。これは、先に紹介した通り。

だったら「何度も繰り返しすすげば大丈夫なのでは?」と思われるかもしれませんが、どんなに念入りにすすいだつもりでも、スニーカーの繊維からアルカリ性の物質を完全に消し去ることは難しいんです。

では、すすぎ切れないアルカリ性の物質から、どのように白いスニーカーを守ったらいいのでしょう。

 

黄ばみを防ぐ洗い方!すすいだ後の「お酢」が効果的!?

スニーカーの黄ばみを防ぐ洗い方のコツは、すすいだ後に「お酢」を加える、たったこれだけ簡単です!。

小・中学校の理科の授業でも教わる、「中和」のチカラを利用したもの。

すすぎ切れない洗剤に含まれたアルカリ性の物質に、お酢に含まれる「クエン酸」や「酢酸」など酸性の成分が反応して「中和」されるんです。

「あー、そういえば教わったなな~」って感じでしょうか。

当時は意味ない勉強と思えたことが、白いスニーカーの黄ばみを防ぐ洗い方で役立つとは…(苦笑)。

それでは、お酢をどのタイミングで使うのか?。

実際に、白いスニーカーの黄ばみを防ぐ洗い方を見ていきましょう!。

 

白いスニーカーの黄ばみを防ぐ「お酢」を使った洗い方!

お酢
出典:ミツカン|穀物酢

白いスニーカーを「まっ白」に保つために、これまで一生懸命洗っていた洗い方に「お酢」を加えるという黄ばみを防ぐ洗い方

さっそく、具体的な手順を見ていきましょう!。

 

用意するモノ

・台所用の中性洗剤
・お酢
・ブラシ
・バケツ

スニーカー洗い用の洗剤は多々紹介されていますが、「台所用の中性洗剤」で十分です!。

ちなみに私は、子供たちが毎週末に持ち帰る学校の白い上履きを「お風呂洗い用の中性洗剤」で洗っていましたよ(笑)。

家庭用の中性洗剤であれば、スニーカーを白く洗う洗浄力は十分です!。

なにより、アルカリ性の物質のすすぎ残しが黄ばみになるのですから、そのリスクはできるだけ少なくしたいですからね。

白いスニーカーを洗うなら、最初から「中性洗剤」を選ぶのがベターです。

 

洗い方の手順

・スニーカーを、バケツに張ったぬるま湯に15分ほど浸けおきする

・ブラシに中性洗剤をつけ、汚れている部分をガシガシ洗う

・なんどもバケツのお湯を変えながら、シッカリすすぐ

・再度バケツにゆるま湯を張り、お酢をおよそ200ml加えて混ぜ、スニーカーを浸けて2~3時間放置します

・最後に、ニオイがなくなるまでシッカリすすいで完了

・直射日光の当たらない、風通しのいい日陰で干しましょう

今回紹介するスニーカーを洗い方で、これまでやっていなかったのは恐らく「お酢」を加えるだけではありませんか?。

たった一手間掛けるだけで、スニーカーの黄ばみを防ぐことができるんです!。

気になるお酢の臭いも、浸けている間はたしかにキツク感じるかもしれませんが、シッカリすすいだあとは不思議と気にならなくなるので大丈夫です。

スポンサーリンク

 

白いスニーカーの黄ばみの落とし方!

白いスニーカーの黄ばみといっても、所謂「アッパー」と呼ばれる布やメッシュの部分なら、先に紹介した「白いスニーカーの黄ばみを防ぐお酢を使った洗い方!」を繰り返すのがいい。

お酢のチカラは、スニーカーの黄ばみを防ぐことも落とすことにも効果的です。

続く問題は、白いスニーカーの「ソールの部分」の黄ばみでしょうか。

素材もゴムに変りますし、日焼けや劣化が顕著に表れる部分でもあります。

 

スニーカーソールの黄ばみはメラニンスポンジで落とす!

メラニンスポンジ「激落ちくん」
出典:レック株式会社|激落ちくん商品紹介

「激落ちくん」って聞いたことありますよね?。

レック(株)から紹介されている、メラミン樹脂をミクロン単位で発泡させた硬度が高く、とても細かい網の目状のメラミンフォームがしつこい汚れを簡単に掻きとることができる人気商品です。

白いスニーカーソールの黄ばみを落とすのに、激落ちくんに代表されるメラニンスポンジが効くんです!。

 

用意するモノ

・メラミンスポンジ(激落ちくん)
・マスキングテープ(ガムテープでも可)
・拭き取り用の布(ウエス)

 

黄ばみの落とし方の手順

・ソール以外の部分をマスキングテープなどで保護します

・スニーカーを一度ぬるま湯に浸けます(汚れをふやかすイメージ)

・メラミンスポンジを湿らせ、黄ばんだソールを削りとる感じで擦ります

・メラミンスポンジは屑も沢山でます(しっかり拭き取りましょう)

 

スニーカーソールの黄ばみには歯磨き粉と歯ブラシ!

黄ばんだソールを白くするには、歯磨き粉で磨くのも効果的!。

学生時代にバスケットボール部に所属していた私も、当時「バッシュ―」の白いソールで実践していた方法です。

 

用意するモノ

・歯磨き粉(いつも歯磨きしてるのでOK)
・歯ブラシ(使い古した歯ブラシ)
・拭き取り用の布(ウエス)

 

黄ばみの落とし方の手順

歯磨き粉を全体的に伸ばすような感覚でこすります!

・スニーカーソールに歯磨き粉を1㎝ほど直接つける

・歯磨き粉をソールに伸ばすように歯ブラシで擦る

・黄ばみがとれ歯磨き粉が黒くなってきたら布で拭き取る

白いスニーカーのソールの黄ばみも、メラニンスポンジ(激落ちくん)や歯磨き粉で磨くと、ホント簡単に落ちてくれますよ!。

スポンサーリンク

 

白いスニーカーを黄ばみから防ぐ方法!

白いスニーカーは、いつまでも白く保ちたい!。

なにより話題の「スニーカー投資」を考えている人にとって、スニーカーの黄ばみは絶対に防ぎたい問題でしょう。

白いスニーカーの黄ばみ… じつは意外に簡単な方法で防げるんですよ!。

 

ジップロックとシリカゲルで黄ばみを防ぐ!

ジップロック
出典:旭化成|商品紹介

「投資」だけじゃなく、スニーカーを大切に保管される人のあいだでは、スニーカーが空気に触れないように「ラップ」で覆う方法がメジャーのようです。

さらに、確実に酸化と湿気からスニーカーを守るアイテム「ジップロック」「シリカゲル」

ジップロックといえば、野菜や料理の作り置きなどをササッと保存するのに使われお馴染みだと思いますが、スニーカーの保管にもピッタリなんです。

シリカゲルとは、お煎餅などのお菓子に入っている「小さな袋」に入った透明のツブツブ状のあれです。

スニーカーが入る大きめサイズの「バッグタイプ」のジップロックに入れ、シリカゲルと呼ばれる乾燥剤を入れて湿気やカビの発生を防ぎます。

なるべく空気に触れさせずに保管したいので、ジップロックの封は「空気を抜きながら」するのがポイントです。

 

履く前と週に1度のケアで白いスニーカーの黄ばみを防ぐ!

スニーカーの黄ばみを防いでくれるのが「防水スプレー」

例えば、ショップで白いスニーカーを購入すると、店員さんが「ご一緒に防水スプレーはいかがですか?」なんて紹介されることがあります。

「なんだよ、商売上手だな…」

なんて思われるかもしれませんが、防水スプレーによってスニーカー表面にコーティングができるので、泥汚れなどもある程度弾いてくれる効果が期待できるのです。

新しいスニーカーを履く前(おろす前)に、防水スプレーしておくことも黄ばみ防止に効果的です。

防水スプレーの説明書には「毎日使う」ように書かれているかもしれませんが、いえいえ週1回程度の頻度でケアしてあげれば大丈夫ですよ(笑)。

 

キャンバス生地のスニーカーにはベビーパウダーも効果的!

ベビーパウダー

出典:ジョンソンベビーパウダー

白いスニーカー、とくにキャンバス生地のスニーカーにおすすめなのが、ベビーパウダーです。

そう、赤ちゃんの肌をさらさらに保つためのベビーパウダーを生地にポンポン叩いておくだけで、粉状のパウダーが生地の細かい部分まで入り込んでコーティング剤の役割を果たし、汚れの付着を防ぐ効果があるのです。

お出掛け前に、ベビーパウダーをスニーカーへ「ポンポン」。

チョッと面倒かもしれませんが、ドラッグストアなどで1度買えば相当長く使えるのでコスパもいい…。

白いスニーカーの黄ばみ防止に、「ベビーパウダーをポンポン」習慣にしてもいいかもしれませんよ。

 

ろうそくでも黄ばみを防げる!

もしや、お誕生日ケーキのろうそくが引き出しの奥にしまってあったりしませんか?。ダイソーなど100均でも紹介されていますよね。

ろうそくにも防水効果があるので、防水スプレーと同じように汚れを弾き黄ばみを防ぐ効果が期待できます。

こちらは、週1回など定期的なものでなく、「履く前(おろす前)に」に塗り込んでおくとその後の汚れがつきにくくなり、落としやすくなるという感じです。

 

まとめ

白いスニーカーは「お洒落で格好いい」。

私もまっ白いスニーカーが大好きで、コンバースやアディダスのスタンスミスなどを愛用しています。

みなさんと同じく、折角の白いスニーカーに黄ばみがでるのが悩みのタネでした。

・白いスニーカーの黄ばみの原因
・白いスニーカーの黄ばみを防ぐ洗い方

さらに

・白いスニーカーの黄ばみを落とす方法
・白いスニーカーの黄ばみを防ぐ方法

など、白いスニーカーの黄ばみの悩みの解決につながる情報をまとめてみました。

白いスニーカーの黄ばみの1番の原因は、洗剤のすすぎ残しでアルカリ性の物質が黄色く変色することでしたね。

白いスニーカーの黄ばみには、防ぐにも落とすにも、洗った後に「お酢」で中和することが効果的です。

ソールの黄ばみを落とすには、激落ちくんに代表される「メラニンスポンジ」「歯磨き粉」

さらに、白いスニーカーを黄ばみから防ぐには、酸化と湿気からスニーカーを守ってくれる「ジップロック」「シリカゲル」

どれもチョッと一手間掛けることで、黄ばみの悩みから解放される方法ではありませんでしたか?。

ちなみに私は、中性洗剤で「洗ったあとにお酢」を基本に、黄ばんでしまったお気に入りのスニーカーを復活させていきたいと思っています。

スポンサーリンク

-暮らし, 雑学, ファッション
-, , , , , ,

Copyright© 教えて!知恵袋 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.